12<<  2015.01 >>02
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

✰うらん✰

Author:✰うらん✰
今年のお正月に突然左目が、真っ暗に。即手術で何とか明るくなりました。鼻性視神経炎でした。ステロイド治療のお陰で、回復しつつありますが♡このまま良くなるのか?悪くなるのか?不安はつきないけれど、☺心の相談室でボランティアしながら、人生楽しんでます。♪


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


生かされて生きる

どんなに、頑張ったって、生かされているだけの自分。

だけど、自分で何でもやっていると思っている自分。

心臓に休むなって言ったこともない。でも、私が眠っている間も動き続けている。

そこに、感謝出来るのか?全く天気一つにも、自分の都合で心が動く。

自分勝手な自分を自覚した。

だからって、落ち込まなくてもいい。だって、一所懸命生きているんだから。

与えられた命を 生かされている事を忘れずに、今を一所懸命生きている。

一生懸命は、重たいから、一所懸命でいい!

今を生かされて生きているんだから。

どんなに不出来の一日でも、それでいい。

有難うを忘れなければ。私の命に。

ありがとう 父 母 

そして この宇宙をひらき、すべてを育み続けているすべてに

ありがとう







スポンサーサイト

病を癒す心って
仏教。法華経を学んで、かれこれ四十年かな?

足りないながら、十年以上 講師もしてきた。

でも実践は、どうなのかなあって、自分の中で 学びなおしたくて組織の中から飛び出した。

世の中は、色々だけど、一番難しいのは、自分の心と体って、実感してる。

生老病死は度し難し!ありのままを 受け止める?というよりも、

ありのままに生きるなのかなあ?

自分に厳しく、他人に優しくを もっとうに生きてきたら、我慢が充満したらしく、体が壊れた。

我慢って、我が蔓延してるって、教わった。確かに、ありのままじゃなかったよね。

まずは、自分の中にある仏を生きられるかって。その仏がねえ、身についた物の見方

行動が、そのままの仏では無くなってるって思うの。

良いか?悪いか?正しいか?間違っているか?事実と真実は、違ったりする。

自分の物差しで見てたから 我慢が多くなったの

人とぶつかった時、自分にとって、いい人と 苦手な人じゃ態度変わっちゃう?

いい人には、心からごめんねって言えるけど、苦手な人には、多分言葉だけになりそうって思う。

でも、そんな自分にOKをだせることも 必要だと感じてる。

そんな気持ちになるなんてって、自分を責めちゃう私が居て、体壊したなあって!

どんな時も、 良いんじゃないのって、自分に言ってあげられると いいのかも。

片目が見えなくなったけど、そのおかげで、治療する中で、喜びもいっぱいあるんだよね。

ありのままに生きる事、ゆっくり学んでる今なの

だって、何でも断らずに、馬車馬みたいやって来た自分が 今は、お願いしますって人に甘えられるようになったから。

甘えるって、相手を信じて任せる事だものね。







心が楽しければ、元気になるね
二日から家族11人で パルコール嬬恋に 行って来ました。

昨年のお正月は、スキ―ならぬ 孫との雪遊びで。帰りは片目が 真っ暗になってそのまま病院という 大変な感じ?

<span style="color:#FFCC00">でも、見えなくなった目も、手術と投薬治療で回復しつつ ステロイドとも やっと手が切れて・・・・・

1200メートルの頂上から、転ばずに 下まで4.5キロ滑り切りました。樹氷とパウダースノーに感激

スキ―靴を履いたのは、何年ぶりかなあ!

心が楽しいーって感じると  元気になるね

ハプニング満載のドイツ旅行
12月4日~8日という強行スケジュールで、フランクフルトへ
朝、成田空港で、「ルフトハンザが 今朝からストライキで飛びません」だって

午後の出発で、日本航空の代替え便に 搭乗。機内食は、良い良いが、席はめっちゃせまーい!

フランクフルト空港に 着いたら、もう、日が暮れてて、ヴィ―スバーデンにちょっと寄って、ホテルへ。

翌朝は、クリスマスマーケットに、バスでニュルンベルグへ、・・・・で、アウトバーンのパーキングで、トイレ係のおじさんが、

出口は、この穴からと言うので、這って出たら、大笑いされ エ――!子ども用のマークがついてた。

ホットワインと ソーセージは、とっても美味しい―かったよ

ガイドのおばあさんは、自分の知ってる事だけしゃべくって、大事な知りたい情報は皆無!最悪。

バスが来るからと40人が ドイツ人に変な顔される中 人混みをかき分けてローテンブルグの街を ダッシュ・・

その挙句に

バス会社との連絡ミスで、夕方の寒ーいパーキングに30分以上 待たせて、謝りもしない・・・みんな、ムカついていた。

どうにもならない、ドイツ語も 曖昧な日本人ばあさんガイドだった。

翌日は、のんびり、フランクフルトの街を自由行動。道に迷ったり、

乗ったトラムが、突然 「ここでみんな降りて 後続のトラムに乗ってください」何て、降ろされちゃったり

スーパーで、読めないドイツ語も ものともせず、買い物したり、楽しかった。

朝の散歩は最高、マイン川沿いの公園で、日の出を見られたのは、奇跡的?素敵な街並みに 心が和んだね

帰りの空港で、思いいきり、娘のピアノに合わせて、津軽海峡冬景色を 歌っっちまいました。

自由に、ピアノを弾かせてくれるなんて、心が広いねえ。

成田空港なんて、レッツトライ何て書いてあるのに、お琴のコーナーに、ロープ張ってあった

ドイツのゴミを出さない システムとか ジョーク好きなところとか いっぱいいっぱい 得るもののあった 滞在期間

三日未満の旅でした。





Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。